保健指導・栄養指導のご案内

メタボにご注意

 生活習慣病はそれぞれの病気が別々に進行するのではなく、内臓のまわりに脂肪が蓄積した内臓脂肪型肥満が
大きくかかわるものであることがわかってきました。
 内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖・高血圧・脂質異常のうちいずれか2つ以上を併せもった状態のことを
メタボリックシンドローム(メタボ)と言います。


メタボの危険性

 1+1=10倍

 軽症であっても、肥満・高血圧・高血糖・脂質異常の危険因子を2つ持つ人は、全く持たない人に比べて心臓病の
発症リスクが10倍近くに、3〜4つ併せもつ人ではなんと31倍にもなることがわかりました。
たとえ異常の程度は軽くても、複数の危険因子が重複している場合では動脈硬化が起きやすいのです。

 メタボの予防、改善には内臓脂肪を減らすことが重要です。日常の食事・運動・禁煙などの生活習慣を見直すことで
健康な身体を取り戻しましょう。



栄養指導        
 糖尿病や脂質代謝異常症、高血圧などの生活習慣病の治療には普段の生活習慣の改善がとても重要です。内服をしている方も、普段の生活習慣が乱れたままだと、結局病気のコントロールがうまくいかなくなり薬ばかりが増えていく状況になってしまいます。
 潮江診療所では管理栄養士による栄養指導を行っております。個別面談形式をとっておりますので、じっくりとお話を伺い、ご自身の生活習慣をしっかり見直し、生活改善をしていくお手伝いをさせていただきます。


特定保健指導      
 潮江診療所では特定健診後の特定保健指導も実施しております。特定保健指導とは、特定健診の結果、メタボやメタボ予備軍と判定され、減量することで生活習慣病の予防が可能である方の減量のお手伝いをさせていただくものです。半年間の減量目標を決めてそれに向かって頑張って頂きます。
 特定保健指導を受けるには特定保健指導利用券が必要です。健康保険組合から利用券が送られてきた方は是非この機会にご利用ください。ご利用の費用は無料となっております。当院で特定保健指導を受けられた方には、減量に役立てて頂く粗品と健康ファイルをご用意しております。また、半年間の取り組みが終わられた方には評価採血を実施しております。(希望者のみ)半年間の取り組みの評価に役立ててください。
 *栄養指導、特定保健指導は第2木曜日と第4木曜日午後に開催しております*

*栄養指導を受けたい方→保険診療となります。まずは診察を受診して頂き、栄養指導の予約となります。
*特定保健指導を受けたい方→特定健診を受診した結果特定保健指導が必要と判定された方には、ご加入の健康保険組合より、特定保健指導利用券がお手元に届きます。健康保険組合の種類によってご利用できない場合もございます。ご利用の際にはまずはお問い合わせください。


お問い合わせ

■ 診療・健康診断について
  電話 06-6499-4213
  FAX 06-6499-0547
■ デイサービスについて
  電話 06-6499-0130
■ ケアプラン作成について
   電話 06-6499-5527

ISO9001取得