厚生労働省指定 基幹型臨床研修病院

お問い合わせ

個人情報保護方針

外科

化学療法

 主に胃癌及び大腸癌に対して化学療法(抗癌剤治療)を行っています。現在の癌に対する治療は手術で病巣を切除するだけではなく、抗癌剤を投与する機会が増えています。例えば術前に腫瘍を小さくしてから手術を行ったり(術前化学療法)、術後の再発予防(術後補助化学療法)、手術での切除が不可能である場合などです。当科では患者様の年齢、体力、併存疾患などを考慮した上でこれらの化学療法を施行しています。

 一口に抗癌剤と言っても、殆ど副作用のない軽い抗癌剤から副作用に対する十分な注意を必要とするものまで様々です。化学療法は入院もしくは外来通院で行いますが、最近では患者様のQuality Of Lifeを考慮し、外来通院にて可能なレジメ(抗癌剤の組み合わせ)も増えています。治療内容としては日本国内でコンセンサスを得られ、かつ、保険診療が可能なレジメを基本としていますが、新規に保険適応となった抗癌剤も積極的に採用しています。

 また、患者様へ安全に投与するために医師が指示した内容(投与薬剤、投与量、投与間隔など)を薬剤師、看護師など複数のスタッフが確認しています。投与前には専門知識を持つ薬剤師が副作用やその対策について説明を行い、投与後の副作用が強く継続が困難な場合は医師が投与を中止または投与量を減量したり、投与間隔を延長します。当科では安心して化学療法を受けて頂ける環境を整えています。