厚生労働省指定 基幹型臨床研修病院

お問い合わせ

個人情報保護方針

院長挨拶

院長写真

 1949年のナニワ病院開設が、尼崎医療生協病院の歴史が始まった年と言えますが、その後1981年に現在の隣接地に当院は開設されました。さらに増床や増築を繰り返し、2007年5月にリニューアルして現在の病院がスタートできました。すでに数年が経過しますが、1949年当時、1981年、2007年とそれぞれの時代の中で、先達の奮闘と組合員との協働の力で当院は発展してきましたが、果たして現在、この尼崎の医療、保健に十分な役割を発揮できているかどうかは、様々なご意見をいただかなければいけないと感じております。

 これまでも周産期医療を中心に幅広い医療を提供してきました。さらに2007年以降は整形外科、リウマチ医療、皮膚科の拡大、緩和ケア医療、家庭医療などを積極的に進めて参りましたが、今後も必要かつ期待される医療を提供できるようにしたいと思っております。

 昨今医療はサービスとして位置づけられ、私たち医療人もサービス提供者としての能力が求められています。しかし、医療は患者、住民と共に創りあげていくものであり、その視点を忘れてはならないと思っております。私たちの果たすべき役割は何なのか、私たちの実践は期待されているものになっているか、そして、医療・保健の向上のための提言はできているか、常に振り返りつつこれからも尼崎の地域医療に少しでも貢献できるように努力していく所存です。これからも皆様のご支援の程、宜しくお願い致します。

尼崎医療生協病院
病院長 島田 真